うつ男の趣味

「FINAL FANTASY VII REMAKE」=ユフィゲー

FF7R
うつ二郎
うつ二郎
うつ男、このゲームメッチャやり込みました。
うつ男
うつ男
FF廃人でしたな(笑)

かなり今更感のある話題ですが、「FINAL FANTASY VII REMAKE(ファイナルファンタジー7リメイク)が来年2020年の3月3日に発売予定です。

僕はリメイク前のこのゲーム、もしかするとプレイ時間はナンバー1かも知れません。

今回はFF7リメイク(・・・と言うかユフィw)に期待している部分なんかを話して行きたいと思います。

「FINAL FANTASY VII REMAKE」=ユフィゲー

まず、リメイク前の「FINAL FANTASY VII(以下:FF7)」について少しだけ触れておくと、1997年1月31日に初代プレイステーションで発売され、2009年の全世界総出荷本数は、なんと980万本の大ヒット作品。

兼ねてから「リメイク」の噂が出ていましたが、ファンの期待に応えてスクウェア・エニックスが遂に「FINAL FANTASY VII REMAKE(以下:FF7R)」の開発を決定し、現在は発売日まで決まった状態、と言う事です。

尚、FF7Rは分作になるらしく、「3部作」と言う噂もあれば「それ以上になる」との噂もありますが、要は2020年3月に発売予定の作品だけではエンディングまでは遊べないと言う事らしいです。

コレについての意見は様々ですが、個人的にはPVを観る限りかなりクオリティを高く仕上げていそうなので、ある程度は仕方が無い様な気がしますね。

さて、簡単な説明が終わったところで、ここからは1人のゲームオタクとして、趣味丸出しで期待するべき部分を書いていきたいと思います(笑)

 

FINAL FANTASY VII REMAKEに最も期待している事

僕の配信を観ている方も近い世代が多いので「FF7R」に期待している人も多いのではないでしょうか?

普通のファンなら恐らく「メインストーリーがどんな風に変わるのか?」「戦闘(バトル)システムにはどんな新しいシステムが加わるのか?」、「エアリスの別パターンはあるのか?(※ネタバレになるので一応伏せておきます)」この辺りが特に気になる部分だと思います。

もちろん、僕もそれらに注目していますが・・・しかし、一番は違います!!

僕が最も注目しているのは「ユフィ」のビジュアル、「ユフィ」とデートが出来るのか否か!?、「ユフィ」の登場シーンがどれだけあるのか!?・・・です!!

うつ二郎
うつ二郎
・・・確かに趣味丸出しだな・・・(呆)・・・もっとゲーマーならではの情報を期待していた方は、申し訳ございませんがここでご退出下さい・・・(全力土下座)
うつ男
うつ男
失礼な!ユフィちゃんに謝罪せよ!!

・・・と言うのも、僕の長いゲームオタクの歴史上、ユフィ以上にビジュアルがドストライクのキャラクターは「他に殆どいない」と思えるくらい、完成されたキャラクターだと思っています。

・・・と言うか僕にとってはメインキャラクターです!!(断言)

現在公表されているPVで「ティファ」「エアリス」の姿は映されていますが、「ユフィ」のビジュアルだけは未だに公開されていません。

これは恐らく「ユフィだけは絶対に半端な完成度で公開するワケにはいかない!!」と言う、スクエニの決意の表れだと思っています。

うつ二郎
うつ二郎
100%違います。
うつ男
うつ男
ちょっと静かにして!

そして、「FF7」をプレイした事がある人ならわかると思いますが、この作品には「デートイベント」なるモノがあります。

これは、そこまでのストーリーの進め方により、あるイベントでデートが出来るキャラクターが変わると言うモノ。

スクエニさんにお願いがあります。

 

・・・このイベントを無くす事だけは絶対にやめて下さい!!

 

そして、可能な限りユフィのイベントシーンを作り込んで下さい!!m(__)m

 

最近ゲームから離れていますが、「FF7R」のユフィがとことん作り込まれるのであれば、流石にスルーするワケにはいきません。

 

今後の情報や最新PVにも(画面に噛り付いてw)注目したいと思います。

 

まとめ

それではまとめます。

まとめ

□「FINAL FANTASY VII REMAKE」=ユフィ

□メインストーリー<ユフィ

□バトルシステム<ユフィ

□ユフィ次第で購入を決める

・・・こんなところでしょうか。(真顔)

 


 


 


 

以上、「FINAL FANTASY VII REMAKE」=ユフィゲーでした☆

<スポンサーリンク>
ABOUT ME
ウツオ
「うつ病」から「双極性障害Ⅱ型」と診断された、現役精神疾患患者の「うつ男」と申します。 年齢37歳で闘病歴は約5年です。 主に動画サイトYOUTUBEに生配信をアップし、そこで出会った仲間達や周りの人間に命を救われる。 過去に自殺未遂を経験してから「どうせ一度死んだ身だし、これからは好き勝手に生きて、同病に苦しむ人間を自分にしてくれた事と同じように助けたい」と思い始める。