【ブログ版】現役うつ病患者「うつ男」の体験談

アニメ「物語シリーズ」が面白い!忍野忍と扇、阿良々木火憐は天使。

雪国のお城
うつ二郎
うつ二郎
このブログ、天使何人でてくんだよ・・(呆)
うつ男
うつ男
ホントの事だからしゃーない。

今回僕が大好きなテレビアニメ「物語シリーズ」について取り上げたいと思います。

何故うつ男が面白いと感じるのか?何故忍野忍と忍野扇、阿良々木火憐が天使すぎて最高なのか?

それらについて語ります。

うつ二郎
うつ二郎
文章のはじまりが「干物妹!うまるちゃん」の時と一緒じゃん(呆)
うつ男
うつ男
うまるちゃんと同じくらい好きな作品だからしゃーない。

 

アニメ「物語シリーズ」が面白い!忍野忍と扇、阿良々木火憐は天使。

アニメ「物語シリーズ」は2006年~から講談社から発行されている小説が原作で、後にテレビアニメ化も実現し、大人気になった作品。

僕は一部原作も何作か読んでいますが、殆どは「アニメ」の方です。

「物語シリーズ」の面白さは簡単に言うと・・・

□魅力的なヒロイン達

□言葉(日本語)の魅力

□クオリティの高い作画やストーリー

□神曲ばかりの作中使用曲

・・・個人的にはこのあたりが特に素晴らしいと思っています。

 

「物語シリーズ」をザックリ説明

興味を持ってくれた人達には作品を心から楽しんで欲しいので、ネタバレは最小限押さえます。

物語シリーズのストーリーは、元:吸血鬼の主人公「阿良々木暦」が、「怪異」と言われる「超常現象」や「霊現象」みたいなモノが存在する世界で、それらと関わった人物達と敵対したり、あるいは共に戦い、解決していく物語。

・・これだけ聞くと、アクション要素が強そうな気もしますが、実はバトルシーンなどは少なく、「言葉でのやりとり」が非常に多いと思います。

僕はそれこそこの作品の魅力と感じていて、名言も多く、療養中には色々と考えされられました。

 

忍野忍、扇、阿良々木火憐、斧乃木余接は天使。

あと、とにかくヒロイン達が可愛い!!

そして、先ほどそれぞれ抱えている「闇」があると言う設定にも惹かれます。

ある人物は「家族との確執」、ある人物は「強いコンプレックス」など、世界観は現実離れしてありますが、ストーリーで関わる「闇」自体は凄く身近に感じます。

そして、僕の推しヒロインは「忍野忍」と「忍野扇」、「阿良々木火憐」と「斧乃木余接」です。

うつ二郎
うつ二郎
アレ?一人増えてない?
うつ男
うつ男
細かい事は気にすんな。(※タイトルに入らなかった)

 

忍野忍(おしのしのぶ)の魅力

600歳の美しい吸血鬼。(尚、見た目。)

元は「〇〇(ネタバレ防止)」言う名前があったのですが、色々あってこの名前に。

物語の重要なカギを握るキャラクターで、長い人生を生きてるだけあり悟りを開いたかの様な名言もたくさんあるかと思いきや、大好物であるドーナツの欲望に負け、観てる側を萌えさせるギャップはまさに天使のそれ。

ぱないの!

 

忍野扇(おしのおうぎ)の魅力

阿良々木暦にとって謎の後輩

このキャラクターもかなり重要人物。

謎が多く、最初はかなり不気味なキャラクターに感じていました。が・・・

ある回で「〇〇(ネタバレ防止)」と言う物語シリーズでお馴染みのヒロインと舌戦を繰り広げたりするのですが、それらで魅せる掛け合いだったり、ところどころで垣間見せる仕草がこれまた可愛い。

〇〇とのバトルを終えて、意外にも〇〇を気にするシーンとかは最高に萌えます。天使です。

 

阿良々木火憐(あららぎかれん)の魅力

アホの子(笑)

・・・というキャラ設定ではありますが、時折核心を突くような発言もチラホラ出てくるので、僕よりはずっと賢い子だと思っています( ̄▽ ̄;)

空手の黒帯を持っていてメチャメチャ強い子なのですが、妹の月火(つきひ)ちゃんの洋服を着た時のギャップがヤバい(〃▽〃)ポッ

「兄ちゃん朝だぞコラー!」と、月火ちゃんと火憐ちゃんに起こしてもらえる阿良々木暦を見ると、何故か激しい嫉妬感に襲われます(笑)

歯磨き天使です。※わからない方すみません。

 

斧乃木余接(おののきよつぎ)の魅力

無表情だけど、結構性格の悪い人形です(笑)

最初作品に登場した時は「物語シリーズの世界観に合わんな~」なんて思っていた記憶がありますが、今は不思議と全然違和感無いし、寧ろいなきゃならない存在だと思うようになってますw

このキャラクターは、なんか色々「画」になるんですよね~。

DVDとかBlu-rayの表紙になっている余接ちゃんからは神々しさすら感じる(笑)

あと、忍との喧嘩とかは、実はビビっているのに無理して喧嘩腰になっている感じが溜まらなく可愛い。

憑物語のPVとかは天使過ぎて月に一度は見てしまう僕です。

アンリミテッド・ルール・天使。

 

物語シリーズの面白さ

ヒロインの可愛さは当然の事、物語シリーズの面白さを語るとキリがありませんが、個人的に作品そのものの惹かれる部分について触れておきます。

 

言葉(日本語)の魅力

物語シリーズを観ていると、日本語の奥深さと、自分がいかに無知なのかを思い知らされます。

例えば「道聴塗説(どうちょうとせつ)」「街談巷説(がいだんこうせつ)」とかって言葉、聞いた事あります?(;^_^A

少なくとも僕は最初「そんな日本語あるのかぁ~。」と驚きました。

そんな聞き慣れない日本語が、作中そこかしこに使われます。

でも、普通に観ていて、「こういう意味かな?」って感じでなんとなく意味がわかるんですよね。

因みに「道聴塗説」は、そこらへんの道端で聞いただけの説を、あたかも自分のモノの様に吹聴したりする事。

「街談巷説」は噂話の事らしいです。

 

クオリティの高い作画やストーリー

物語シリーズのアニメ制作会社は「シャフト」という会社で、アニメ界ではメチャメチャ名の知れたところです。

とにかく登場キャラクターの緻密に描かれた表情や、男性ファンを虜にするアングルなどが素晴らしい!

まぁあんまり女性も観ているブログで言うのもなんですが、男性ファンから見たヒロインの”アレ”な演出もハンパなくわかっているので、このアニメで色々アレがアレ方面になった方も多いのではないかなぁ~。

うつ二郎
うつ二郎
「アレ」ってなんだ?
うつ男
うつ男
知らん。(すっとぼけ)

これは百聞は一見に如かずなのですが、是非実際に観て感じて頂きたい。

 

神曲ばかりの作中使用曲

物語シリーズで使われる曲は名曲揃いです。

OPからED、作品内で使われるBGM、マジで何から何まで神曲。

結構昔の配信で僕のClariS好きについては話した覚えがありますが、物語シリーズはClariSの曲も異常にマッチしています。

また、「瀧川ありさ」さんや「河野マリナ」さんなど、この作品を観て初めて知った他のアーティストの曲もたくさんあるのですが、物語シリーズのアニメを観てからメチャメチャ好きになりました。

あと、この作品のヤバい拘りが、ヒロイン役の声優さんがOP曲を歌い、作中内のヒロインが変わるたびにOP曲が変わったりします。

最近PCでの作業中は、大体物語シリーズのBGMを流して心を癒しています。

ガチで神過ぎてヤバいぞシャフト!!(笑)

アニメ「物語シリーズ」が面白い!忍野忍と扇、阿良々木火憐は天使。まとめ

それではまとめます。

まとめ

□基本的に天使しか登場しないアニメ

□中でも忍野忍、忍野扇、阿良々木火憐、斧乃木余接は天使の中の天使

□シャフトのアニメのクオリティが神レベル

・・・こんなところでしょうか。

 

因みに物語シリーズの一部は現在(2019.7.20時点)Amazonプライムビデオで観る事ができます。

 

Amazonプライムビデオ30日無料トライアル

 

以上、「アニメ「物語シリーズ」が面白い!忍野忍と扇、阿良々木火憐は天使。」でした。

 

<スポンサーリンク>
ABOUT ME
ウツオ
「うつ病」から「双極性障害Ⅱ型」と診断された、現役精神疾患患者の「うつ男」と申します。 年齢37歳で闘病歴は約5年です。 主に動画サイトYOUTUBEに生配信をアップし、そこで出会った仲間達や周りの人間に命を救われる。 過去に自殺未遂を経験してから「どうせ一度死んだ身だし、これからは好き勝手に生きて、同病に苦しむ人間を自分にしてくれた事と同じように助けたい」と思い始める。